スタディング宅建士

国内でもトップクラスの人気資格である「宅建士」。

常にニーズが高く、就職・転職に非常に有利と言われています。

宅建士に学習方法には予備校通学や独学などがありますが、最近は通信講座で取得する方も増えています。

今回は、資格系通信講座として受講生が急増している「スタディング宅建士講座」についてレビューしていきたいと思います。

私自身は中小企業診断士資格取得にスタディングを利用し、合格を勝ち取っています。

今回はスタディング宅建士講座についてクオリティやコストパフォーマンスはどうなのか、客観的に評価していきたいと思います。

宅建士(宅地建物取引士)とは?

まずは宅建士について述べてみましょう。

宅建士の仕事

宅建士は簡単に言えば「不動産取引の専門家」です。

不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際、専門家として顧客に詳しい説明をするのが大きな役割です。

宅建士には明確な独占業務があり、不動産業を営む上で、下記の3つの業務は宅建士にしか扱えません。

宅建士の独占業務
① 重要事項の説明
② 重要事項説明書への記名・押印
③ 37条書面(契約書)への記名・押印

そのため、不動産業の事務所には5人に1人の割合で宅建士を配置することが法律で義務付けられています。

銀行などの金融機関で担保として不動産を扱う際にも宅建士は必要です。

そのため宅建士は常にニーズがあり、就職・転職に有利な資格と言われています。

宅建士試験の概要

宅建士試験の概要は以下のとおりです。

資格名 宅地建物取引士試験
資格の種別 国家資格
受験資格 特になし
試験実施時期・頻度 年1回実施
10月第3日曜日
受験者数 22,000人前後
合格率 15~16%
受験科目/合格条件 *受験者数に応じて合格点数が変化する相対評価方式
*おおむね、50点中35点前後が合格点となる
受験料 7,000円

受験生は2万人を超えますが、増加傾向にあります。

試験は年に1回しかありませんので、少ないチャンスを確実にものにする必要があります。

合格基準が「相対評価方式」なので、問題の難易度に関係なく、合格するためには上位15%以内を目指す必要がある点ではシビアな試験と言えます。

受験料は7,000円と難関資格と比較すると比較的安いと言えるでしょう。

宅建士の合格率

宅建士の合格率はおおむね、15%前後です。

下記は直近5年間の合格率ですが、多くの年が15%台の合格率で推移していることがわかると思います。

年度 合格率
令和元年度 17.0%
平成30年度 15.6%
平成29年度 15.6%
平成28年度 15.4%
平成27年度 15.4%

合格率15%は決して高いとは言えませんが、合格できないラインではありません。

しっかり対策をして臨むことが重要ですね。

スタディングとは?

スタディングは、通信講座に特化した資格校です。

現在、受講生6万人を超え、最も勢いのある通信講座と言ってよいでしょう。

筆者も2017~18年に受講し、中小企業診断士試験に合格しています。

では、その特徴を紹介いたしましょう。

スタディングの特徴
・圧倒的な低価格!
・通信講座に特化した長年の実績!
・学習も時間管理も全部アプリで出来る!

まずは、圧倒的な低価格です。

スタディングは通信講座に特化し、校舎や多数の講師を所属させていないため、徹底した低コスト化を実現させています。

具体的に大手予備校、大手通信講座と比較してみましょう。

受講料の比較
◆大手予備校 T社  196,000円(税込)
◆大手通信講座Y社    63,680円(税込)
◆スタディング       20,350円(税込)

大手予備校と比較して10分の1ほどなのはもちろん、大手通信講座と比較しても3分の1の価格を実現しています。

資格学習は時間面、体力面、そして出費面と、さまざまな負担がかかります。

時間と体力は本気で資格取得を目指すのなら負担を削減することは難しいですが、出費の負担は軽減することができます。

家族の理解と協力が得やすいという点でもスタディングの低価格は大きなメリットです。

 

次に、通信講座に特化した長年の実績です。

格安の通信講座と聞くと、逆に合格できるクオリティがあるのか不安になるのは当然でしょう。

スタディングは、2008年の旧『通勤講座』サービス開始から12年以上の実績があります。

近年は受講生増加の勢いがさらに増しており、受講生が6万人を超え、半年で1万人のペースで増えています。

中小企業診断士などの難関資格の合格者や、宅建士の合格者も安定的に出ているのは宅建士の合格体験記からもよくわかります。 

 

さらに私が『スタディング』をお勧めする最大の理由は他の通信講座にはないモバイルアプリがあるからです。

『スタディング』アプリの優れた点
・DL機能で通信環境が悪い場所でも動画視聴がサクサク出来る
・問題集や過去問題集もアプリで出来る
・学習時間管理機能で勉強の履歴が残せる

 

このアプリにはDL機能が装備され、通信環境が悪いと動画が見られないという一般的な通信講座の弱点が克服されています。

また、問題集や過去問題集もアプリ内で出来るため、いちいち問題集を別で持ち歩く必要もありません。

さらに、学習時間をすべて記録しておいてくれるので、自分の努力の跡を振り返ることができます。

こちらは私が『スタディング』で中小企業診断士の学習をしていたころの学習履歴です。

このように自分の勉強の足跡を見れると、もっと頑張ろう!とモチベーションもアップしますよね。

 

以上の3点については、他の通信講座よりも優れていると言い切れるでしょう。

宅建士を通信講座で目指すなら『スタディング』は本当におすすめできます。

スタディング宅建士講座の評判・口コミは?

筆者の意見だけでは不安という方もいると思いますので、実際に使用した方の口コミを見てみましょう。

5チャンネルのような掲示板からの口コミ引用は編集できてしまうので、今回は公平を期して、編集することができないTwitterから引用します。

同じ立場の受験生の声を聞いてみてください。

安い!けど不安・・・

さまざまな通信講座を比較してもスタディングは安い!というのは間違いなさそうですね。

ですが、やはり安い=低クオリティとイメージしがちなため、不安に思う方も多いようです。

前述のようにスタディングの安さの理由は、通信講座に特化して固定費を削減しているため。

決してクオリティが低いわけではないのは、元受講生である私が保証します。

この方は初学者でありながら、初めての受験で合格できたようです。

このことからもクオリティが低くて合格できない、ということはないことがわかりますね。

 

忙しい人でも勉強を始められる・続けられる

 

この方は事情があって資格学校への通学は難しいながらも、勉強を始められました。

スタディングは①価格が安いこと、②スキマ時間で勉強できる、という特徴があるため、勤務時間が不規則なビジネスパーソンや、子育てで忙しい主婦の方でも資格学校と同じレベルで勉強を開始することができます。

また、スマホアプリで手軽に勉強を始められるため、いちいち机に向かってテキストを広げる必要がなく、学習への心理的ハードルが少ないため、勉強を継続しやすいのも大きなメリットです。

こちらの方がおっしゃるように、PC・スマホ・タブレット端末に同じアカウントを持っておくことでいつでも前回の続きから勉強を開始することができます。

私も通勤時の動画視聴・問題集解答はiPhone、自宅に帰ってからのテキスト学習はPC・タブレット端末と役割を分けて使っていました。(テキストはスマホだと文字が小さいため)

スタディングだとすべての端末が常に同じアカウントで動いているため、スマホで進めた学習範囲が他の端末でも共有されているので、いちいちページをめくったり、端末を操作する手間がほとんどありませんでした。

外出先でも学習ができる通信講座は増えていますが、ここまで『いつでも勉強ができる』環境を提供しているのはスタディングだけです。

問題集が便利!

スタディングの問題集「スマート問題集」は、スマホから問題演習を行えるのはもちろん、

①間違えた問題の記録機能
②間違えた問題だけ解答モード
③受講生の平均正答率表示機能

など、他の通信講座にはない便利な機能がついています。

特に、間違えた問題だけ出題される機能は、弱点の教科に非常に有用です。

私も試験直前期は、この機能を使って苦手な論点を必死に潰していきました。

さらに、それらの学習時間はすべて記録されているので、モチベーションアップにもつながるでしょう。

講師が充実

スタディングは上記の通り、通信講座に特化しているため、講師陣はあまり多く抱えていません。

しかし、その分、厳選された講師が講義を担当しています。

竹原先生のお名前は、2番目の引用ツイートの方もお名前を出されていましたね。

こちらが竹原先生です。

非常に聞き取りやすい声で、かつ分かりやすい講義をしてくれています。

通信講座の講師は、難しいことをいかに分かりやすく解説するかが最も重要です。

竹原先生の講義を実際に聞いてみたいという方は、スタディングの無料登録 でお試し受講をすることが出来ます。

通信講座を選ぶなら実際に受講してみることが最も大切です。

無料講座で竹原先生の講義を聞いてみてはいかがでしょうか?

無料講座への登録方法

スタディングの無料講座では、①講義動画②問題集③過去問題集④テキストなどすべてのカリキュラムを体験することが出来ます。さらに、上記で紹介したモバイルアプリをダウンロードし、学習時間管理をすることもできます。
登録の仕方は、下記のリンク先のページから【メールアドレス】と【お好きなパスワード】を入力するだけです。
ほかの資格校のように、住所や本名など個人情報を入力する必要がなく、DMなどでのしつこい勧誘もないため安心です。
無料登録した後に送られてくるメルマガには5~10%の割引クーポンが添付されてきますので、購入の前には必ず無料登録をすることをおすすめいたします。

スタディング宅建士講座にはどんなコースがある?

スタディング宅建士講座は、1コースのみの展開です。

スタディング宅建士講座
¥18,500(税別)

価格は税込でも¥20,350で、前述のとおり、大手通信講座の3分の1程度の価格です。

分割払いも可能で、\1,833×12回からの支払いができます。

月々2,000円ほどだったらお小遣いで受講できますよね。

 

スタディング宅建士講座のクーポンをGETするには?

スタディング宅建士講座は、通常5%の割引クーポンがあります。

上記の宅建士講座であれば、¥20,350の5%OFFになりますので、¥19,333で購入することが出来ます。

この割引クーポンの入手方法は、前述のとおり、スタディング公式HPから無料登録を行うことです。

無料登録後に送られてくるメルマガに5%割引になるクーポンコードが記載されています。

これを購入時に入力することで、割引を受けることができます。

「スタディング〇万人突破記念クーポン」など、タイミングによっては10%割引になることもありますので、メルマガは必ずチェックするようにしましょう。

スタディング宅建士講座 まとめ

宅建士の合格率は15%前後であり、合格することは決して簡単ではありません。

資格に合格するために必要なことは、

・その資格を取るべき明確な目的
・学習を始めるまでのスピード
・学習の継続

が非常に重要です。

学習を始めるまでに迷ってしまうのは、ただいたずらに学習時間を削減しているだけで、学習を継続し続けなくては試験を受ける資格すら与えられません。

ですので、とにかく早く教材を決めること!決めたら教材を徹底的にやり込むこと!

この2点を必ず意識することをおすすめいたします。

スタディングはこの2点を低価格と学習管理機能で強くサポートしてくれます。

これだけモバイル環境が整った現在では、通信講座を活用した学習が最も効率が良いのは間違いありません。

しっかり悩んだらすぐに行動!

まずは無料登録から始めてみることをおすすします!

みなさんの努力が報われますように!

おすすめの記事