中小企業診断士を取れば人生変わる?結論は『変わりません』その理由とは?

中小企業診断士試験に合格し、資格をとれば人生が変わるのか。

難関資格の中小企業診断士試験に合格するのならそれくらいの見返りは欲しいと思います。

では、本当に人生が変わるのか。

合格した私自身の人生は変わったのか。

本日は、中小企業診断士のリアルな事情をお伝えできればと考えています。

中小企業診断士試験に合格すると人生が変わると思われる理由

合格が難しい難関資格である

ひとは費やしたコストに見合った分の見返りを得たいと思います。

逆説的に人生を変えたいという大きな効果を得たい場合、大きなコストを支払えばよいと考えます。

そこで大きな努力を支払う必要のある資格=難関資格に挑戦することで、人生を変えるほどの見返りを得られるのではと期待するのです。

中小企業診断士は難関資格です。

合格するためには数十万円という金額と1000時間以上の勉強時間が必要とされています。

それだけのコストを支払えば人生を変えるだけの効果を求めるのは当然だと思います。

コンサルティングの唯一の国家資格である

マッキンゼーやボストンコンサルティンググループなど、コンサルティング会社は憧れの会社のひとつです。

その理由は、理論的に企業の問題を解決していく業務のスマートなイメージとその対価としての圧倒的な高収入。

中小企業診断士という資格は唯一のコンサルティングの国家資格といわれます。

合格するために学ぶべき科目もマーケティングや労務管理、法務や経済学など、一流のビジネスマンが習得すべきスキルに関連したものです。

これらの科目を学ぶことで、自分もコンサルタントとして一旗あげられるのではないかと期待するのは一理あると思います。

実際に一流のコンサルタントで中小企業診断士資格を持っている方も何人も知っています。

中小企業診断士に合格して一流のコンサルティング会社に転職ができれば、人生を変えられるでしょう。

実際に稼いでる人もたくさんいる

中小企業診断士として活躍している方は、1000万円以上の年収があると言われています。

おそらく、中小企業診断士として一流の方は副収入もあると思われますので実際はもっと稼いでいると思われます。

独自の人脈と信頼を築き上げ、さまざまな困難を解決してコンサルティング費用で高収入を得る。

中小企業診断士試験を受験する人ならば誰しも憧れることだと思います。

中小企業診断士として成功することができれば、人生を変えられるというのも間違いではないでしょう。

中小企業診断士に合格しても人生は変わらない

しかし、実際には中小企業診断士の資格に合格したからと言って劇的に人生が変わるということは期待できないと思います。

その理由を紹介しましょう。

独占業務はない

同じ難関資格の税理士や公認会計士のように中小企業診断士は独占業務がありません。

ですので、中小企業診断士の資格をとったからといってすぐに仕事に恵まれるということはありません。

さらに中小企業診断士という資格は上述の通り、国が認めた唯一のコンサルティングの資格です。

しかし、中小企業診断士をとればすぐにコンサルティングファームで勤務できるわけではありません。

もっと言えば、大手コンサルティングファームは特にこの資格を勤務要件としていません。

コンサルタントという業務につきたいのなら、資格に頼らない地道な活動をしていく必要があります。

すぐに独立できるわけではない

上記の理由に関連して、中小企業診断士の資格を取ってすぐに独立できるわけではありません。

いや、正確に言うと独立自体はできますが、仕事がありません。

ツテやコネがあれば別ですが、基本的には中小企業診断士は自分で仕事を探してこなくてはなりません。

一応、協会が仕事を振ってくれることもありますが、まれです。

ですので、やはり、中小企業診断士として独立をしたいのであれば地道に仕事を集める活動をしなくてはならないのです。

認知度もいまいち低い

会社勤務の方では、中小企業診断士を取得するとキャリアアップになる方もいると思います。

地方銀行などでは、中小企業相手の融資活動があるためこの資格は大変重視してもらえると聞きます。

対して、一般の企業などはどうでしょうか。

私の会社は大手メーカーですが、中小企業診断士は会社推奨の資格に入っていません。

社労士や税理士、簿記2級以上は会社推奨として、一定の補助が与えられるのに対して。。。

そして、あまり認知度も高くありません。

中小企業診断士という名前がコンサルティングと離れているためで、中小企業診断士を取ったと言ってもあまり聞こえは良くない印象です。

知っている方からは一目置いてもらえますが。

中小企業診断士に挑戦することで人生を変えることはできる

しかし、私個人的には中小企業診断士資格を取ることで人生を変えることができました。

具体的には、ビジネスに必要な教養を体系的に集中して学ぶことができたため、アンテナを高く広く張ることができるようになりました。

日々、ニュースから流れてくる今までわかったようでわからなかったことも意味合いがよくわかるようになりました。

例えば、

・日銀が金融緩和に踏み切った(経済学の知識)
・日本の借金が●●円で国がつぶれる、の嘘(財務会計の知識)
・みなし労働と裁量労働制の違い(経営法務の知識)

のようなことも深く意味合いをとらえることができます。

これによって何が変わったかというと、ビジネスの種を多く発見することができるようになりました。

中小企業診断士資格をとってから副業としてですが、事業をいくつか初めています。

つまり、中小企業診断士試験の学習を通して、自分自身が確実にスキルアップができます。

資格の威力に頼れなくても、自分の力で道を切り拓く力が付くというのが中小企業診断士という資格受験の大きなメリットであるということができます。

私自身の人生はどう変わったか

私は2018年の中小企業診断士試験に合格しました。

それまでの10年間は営業一本で歩んできましたが、2019年の春に社内での応募制度で戦略企画室へ異動することができました。

募集は1人で応募者十数人の状況で面接を勝ち上がり、椅子を勝ち取ることができました。

その時の採用面接をしていた今の上司に選ばれた決め手はなんだったかを聞いてみると、

「みんな面接の時は頑張ります!と調子のいいことを言う。でも本当のところはどうかわからない。

中小企業診断士試験に合格しているということは継続して努力できることの何よりの証明になった。

資格は最重要事項ではないが、その人の人となりを証明する良い材料にはなりうる」

ということでした。

努力が報われたと思う瞬間でした。

みなさんも、今の自分の境遇を変えたい!

新しい仕事にチャレンジしたい!

と考えるなら、椅子が回ってくるのを待つのではなく、自分がチャレンジできる人材である証明として資格を取得するのは良いのではないでしょうか。

そのためには中小企業診断士はとても良い資格だと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

本日は中小企業診断士という資格をとれば人生が変わるのかについて、まとめてみました。

中小企業診断士資格にチャレンジしようか迷っているかたは、ぜひ一歩足を踏み出してみてください!

あなたの挑戦が実を結びますように!!

おすすめの記事